So-net無料ブログ作成

愛宕山に新たな米軍基地はいらない [反戦]

7月12日、愛宕神社前公園で「愛宕山に新たな米軍基地はいらない ~環境アセスもやらない条例違反の着工に反対します~7/12市民大集会」が行われました。参加者は500人。

 主催者挨拶で、愛宕山を守る市民連絡協議会代表の岡村さんは「21世紀型の住宅になるはずだった場所が米軍再編により米軍住宅が建てられようとしている。2012年3月に防衛省が開発跡地を買い取ったのが第一ラウンドなら、2014年4月に工事を開始するために住民説明会を開いたのが第二ラウンド。私たちは防衛省に住民説明会で32項目に亘る質問状を渡した。防衛省は追加資料をだしてきた。5月2日には追加説明をしてきた。しかし『米軍が関することは判断できない』『岩国市と協議しながらやっている』など、説明になっていない。そのような状況の中、5月15日、急遽工事を強行した。守る会は20人で抗議と説明会を要求しているが、今も工事が続いている。皆さんと協力しながら、一致団結して反対し続ける」と話されました。

140712ok.jpg


 次に来賓の藤本県議、佐々木県議、石村さん、金子さんが挨拶されました。金子さんは「住民の安全・安心のためのはずが、不安と危険が増すことになった。沖縄の軽減というが軽減は進まず、日本全体に広がる」と話され、佐々木県議は「集団的自衛権反対の請願が否決され、憲法改正を進める意見書が採択された。国政にものわかりのいい県議会。その中で岩国は極東最大の基地にされようとしている。岩国の人の暮らしと安全はどうなるのか!上関のやり方と似ている。危険な国作りにNOが言えない県知事、県議会にものもうそう。NOの声を上げよう」と力強く発言されました。

140712sk.jpg


 地元からは井原県議、大西市議、山田市議、田村市議、坪田市議、渡辺市議が駆けつけました。

140712tm.jpg


 また団体代表挨拶では瀬戸内ネットから桑原さん、住民投票を力にする会から松田さん、住民投票の成果を活かす岩国市民の会から大川さん、市民政党「草の根」から井原さんから挨拶があった。大川さんは「ケニアに行った時に、『この自然は先祖から譲り受け、未来から預かっている』と言われた。私たちはどんな自然を未来に残すのでしょうか。沈黙は承認を意味する」という言葉が印象に残りました。

140712okw.jpg


 その後、「安全で安心な岩国の未来のため、ひいては平和な日本を実現するため、どこにも新たな米軍基地を作らせないために全力を尽くそう」という集会アピールを採択し、「守ろう愛宕山」を斉唱しました。
 そして、「怒」のうちわを掲げるパフォーマンスに移りました。

140712do.jpg


最後に「愛宕山まちづくりエリア」周囲をデモ行進しました。
140712d.jpg

第113回愛宕山座り込み [反戦]

140101iwakuni.jpg

明けましておめでとうございます。

2014年1月1日、山口県岩国市にある愛宕神社前広場で座り込みが行われました。
この座り込みは、2010年から毎月1日、11日、21日に行われています。
愛宕山は岩国市民の住宅地を造るために開発されました。
しかし、山口県や岩国市は突然、土地が売れる目途がないといいはじめます。
そして、土地を防衛省に売り、米軍住宅を造ると言い始めます。
愛宕山の元地権者や周辺住民は驚き、米軍住宅建設反対の座り込みを始めました。

この日も多くの人が参加し、様々な思いを訴えました。
「愛宕山を守る会」の世話人代表の岡村寛さんや 「住民投票を力にする会」の松田一志さん、
井原すがこ県議、社民党の金子哲夫さん、共産党岩国市議の大西順子さんなどが話されました。
田村岩国市議は初代岩国市長の永田新之允さんの「岩国工業港町計画」を紹介されました。
永田市長は錦川河口の広大な遠浅に一大工業港建設の構想を立てていたそうです。
1937年には当時の内務省の同意も得、作業も進展していましたが翌年、呉鎮守府の役人が突然現れ、海軍飛行場の建設を告げたため、工業港計画は水の泡となったそうです。
その場所が戦後、米軍基地になりました。
田村市議は「基地がなくとも岩国市はなりたつ」と自信を持って言われました。
また、高齢の女性は秘密保護法への不安を語られました。その女性が子どもの頃は戦時中で何人かで集まって話すだけで憲兵が来ていたそうです。それは敗戦が決まる日まで続いたそうです。

この日はお正月と言うことで甘酒が振る舞われました。
ショウガが効いていて体が芯からポカポカしました。

今年も、被爆二世への援護を求める運動の他、反戦・反核・反原発運動もおこないますので、ご支援・ご協力のほどお願いいたします。

保育園の上空をオスプレイが飛んだ [反戦]



朝日新聞の記事によると普天間に着陸したオスプレイは三方向から来たそうです。
添付してある写真には保育園の上空をプロペラを垂直にしたオスプレイは飛んでいるのが
よくわかります。

「オスプレイは沖縄に飛ぶな」の抗議の声の中、6機が飛び立った。 [反戦]



10月1日
「オスプレイは沖縄に飛ぶな」「アメリカへ帰れ」「オスプレイはどこにも要らない」
というコールの中、オスプレイ2機が離陸しました。

121001o.JPG

が、まもなく機上から変な煙が出て、岩国基地に戻って来ました。
やっぱり無理があるんだ。こんなモノ、沖縄や日本に持って来るな。

 しばらくたった9時頃6機が次々と岩国基地から離陸していきました。

 一方で、9時から岩国基地ゲート前で、抗議の申し入れ行動を行いました。
  しかし米軍側は申し入れ書を受け取りませんでした。

121001k.JPG

 また毎月1日、11日、21日に行われている愛宕山の座り込みが今日も行われました。
座り込み中に9時に岩国を離陸したオスプレイが、11時に沖縄に到着したと連絡が入りました。
 参加者は、市街地も何も、最短コースで飛んだに違いない、と怒っています。

オスプレイ反対、岩国で1200人抗議集会 [反戦]



「オスプレイの本土初飛行抗議、沖縄配備・低空飛行訓練反対9/30市民大会」が1200人の参加の下、
岩国市役所前の公園で行われました。

120930i.jpg

壇上では様々な方が発言されました。
田村市議は「旧滑走路が、オスプレイに使われており、あたかもそのための沖合移設だったか
の様相さえある」と、怒りを込めて発言されました。
大学生の大川祈さんは「オスプレイは戦争に使われる兵器です。日本政府のみなさん、アメリカ政府
のみなさん、米軍のみなさん、オスプレイは岩国からアメリカへ持って帰ってください」と訴えました。
集会の最後には参加者全員がオスプレイに×印をつけた紙を一斉に上げ抗議の意志を示しました。
その後、岩国駅前までデモ行進をし、道行く人に「オスプレイはいらない」と訴えました。

9・9沖縄連帯 艦載機もオスプレイもいらない!岩国集会 [反戦]

 7月23日、多くの岩国市民が反対する中、岩国基地にオスプレイが陸揚げされました。
 オスプレイはこの半年の間に2度も墜落し死傷者を出しています。
9月6日にも米南部ノースカロライナ州の住宅地に不時着しています。
米軍はこんな危険なオスプレイを沖縄に配備し、日本の山間部を低空飛行させようとしてるのです。

 9月9日、沖縄では10万1千人が参加するオスプレイの配備に反対する沖縄県民大会が開かれました。
岩国でも「9・9沖縄連帯 艦載機もオスプレイもいらない!岩国集会」が開かれました。
主催者代表の大川さんは「オスプレイの陸揚げに心の底から怒りを覚えます。
岩国で危険なオスプレイを試験飛行させようとしています。
私達、市民は実験台ではありません。生きている人間が暮らしているのです。
全国でオスプレイの低空飛行させないためにも、オスプレイを米国に返品しましょう!」
と話されました。
 その後も、空母艦載機移駐に反対している団体や愛宕山に米軍住宅を建てさせない為に闘っている
団体の発言が続きました。
 愛宕山を守る会の代表の岡村さんは「岩国の活性化と基地周辺の『騒音の軽減と危険の回避』という
名目で滑走路を沖合に移設しました。その為、以前は深さ6mだった岸壁が13mになりました。
今回オスプレイを積んだ船は以前の岸壁なら接岸できませんでした。」と発言されました。
 最後に岩国市民の声「怒」を記した紙を掲げました。
 デモではオスプレイの見える場所まで行き、「オスプレイは帰れ」の声をあげました。

120909.jpg

 9月21日オスプレイの試験飛行が始まりました。2名の牧師がハンガーストライキをして抗議をしました。
「市街地上空は飛ばない。プロペラの変換は基地上空で行う。」と米軍は日本政府と約束しましたが、
守られていません。
そもそも市街地でなくとも飛ばないで欲しいと訴えているにもかかわらず、その声を無視し、
試験飛行していることに憤りを感じます。

 沖縄ではオスプレイ配備に反対し、連日、抗議活動が行われています。
 岩国でも9月30日14時から岩国市役所前の公園でオスプレイ反対集会が行われます。


50回目の愛宕山開発跡地を見守る集い [反戦]

2012年1月1日、山口県岩国市牛野谷にある愛宕神社前公園で
50回目の「愛宕山開発跡地を見守る集い」が60名の参加者の下、行われました。
愛宕神社は初詣客で賑わっています。誰もが家族の安心・安全を願うことでしょう。
その神社の前にある公園で、岩国の安心と安全を願う座り込みが行われました。

20120101_o.jpg

愛宕山を守る会の岡村寛世話人代表は、経緯を説明されたあと「このまま政府の思い通りに予算執行をさせない。正義は我々にある。という強い信念を持って、この1年を皆さんと一緒に闘っていきたい」と発言されました。

20120101_t.jpg

田村岩国市議は「『愛宕山見守りの集いニュース』を発行することになりました。今号は岡村さんのご挨拶と今回が50回目の見守りの集いだという記事と、地方住宅供給公社法について書いてます。地方住宅供給公社法に基づけば米軍住宅や米兵のための運動施設は公社法に違反します。」「私は岩国市議会に緊急動議を提出しました。交通死亡事故を起こしながら日米地位協定で不起訴処分になった米軍属女性に、日本での裁判権の行使などを求めるものです。沖縄でできて岩国でできないのはおかしい。しかし岩国市議会は動議を否決しました。」「おととい2人の米兵がブロックでガラスを割って民家に侵入しました。いくら市長がルールを守ってくれと言っても、同じ事が起きるのです。」と話されました。

20120101_ama.jpg

最後に天野さんが奴凧を持って現れました。奴凧の足には「来るな艦載機、いらない米軍住宅」と書いてあります。他にも「守ろう愛宕山」と書いた凧もありました。

10120101 tako2.jpg20120101_tako1.jpg

20120101_ko.jpg
全国から届いた檄布。
韓国から送られた檄布もありました。
「愛宕山の米軍住宅建設に反対しよう!群山米軍基地わが土地取り戻し市民の会」
と書いてあります。


沖縄では米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、沖縄防衛局が環境影響評価書を沖縄県庁に提出しようとしています。一部は12月28日未明に運び込まれましたが、それ以外は沖縄の人々の手によって阻止されています。


沖縄でも岩国でも、もう米軍基地はいらないという毅然とした行動が行われています。
私たちは支援し、共に闘います。
メッセージを送る