So-net無料ブログ作成
検索選択

8・6広島青空式典 [原爆]

師走になりました。
ブログの更新が遅れました。申し訳ありません。m(__)m
少しずつ、今年の報告をアップしていきます。

 今年も8月6日は晴天でした。8時過ぎ広島の原爆ドーム周辺では色んな形で反戦・反核を訴えてます。その騒々しさも8時15分にはピタリと止みます。
 私たちも黙祷し、71年前、原爆により殺された被爆者に思いを馳せました。

 青空式典には今年も日本各地から被爆二世・三世、労働者、障害者が集まりました。
韓国の仲間が来ています。
 また日韓同時行動ということで、ソウルでも反核の行動が取り組まれています。

 被爆二世の会からの基調報告では
 「5月27日、アメリカのオバマ大統領は被爆地・広島を訪れる前に岩国基地に立ち寄り、日米軍事同盟の強化を訴えた。広島では原爆が自然現象のように落ちてきたと表現した。オバマ大統領が広島に来ると言うのならアメリカの核を廃絶し、核のボタンを持たずに広島にきて欲しかった。そして被爆者に謝罪して欲しかった。
 71年経った今も被爆者問題は解決されていない。広島の黒い雨の降雨地域の拡大問題、長崎の「被爆体験者」問題、原爆症認定、在外被爆者、そして被爆者差別。私たちは被爆者・二世・三世に対する差別を許さず、生まれてきた命を大切にし、被爆者の意志を引き継いで核兵器も原発も廃絶していく取り組みをしていきたい。
 2011年に起きた原発事故は今も収束していない。住民や復旧作業で労働者が被ばくしている。原発は事故がなくても地域住民や労働者が被ばくする。原発の新・増設、再稼働、輸出に強く反対する。
 安倍自公政権が憲法改悪を目論んでいる。私は戦後71年、憲法9条のもと、戦争をしない国としてありつづけたからこそ、平和が保たれてきたと思う。二度と侵略戦争を起こさない為に私たちはまず沖縄や岩国や韓国やフィリピンにある基地を撤去しよう。
 今年も日韓同時行動としてソウルと広島でこの青空行動が取り組まれている。韓国から多くの仲間が広島にきている。日本の侵略戦争を繰り返さないために、アジアの被害者と侵略の歴史を心に刻み、思いを同じくすることが戦争をしない大きな力になる
 8月6日広島で、今もこの下に眠っている多くの被爆者とともに戦争も、核兵器も、原発も、被ばくもない世界を作っていこう」 
 と発言しました。

 その後、あじあんさんの歌や各団体・個人からの発言が続きました。
発言されたのは、アジア共同行動日本連、関西の仲間、青年緑のネットワーク、青少年緑の党、労働党、大阪の被爆二世、AWC福岡、総がかり行動山口、連帯労組・やまぐち、やまぐち障害者解放センター、憲法を活かす市民の会・やまぐちです

同時開催した「戦争と被ばくを許さない~命を脅かすもの」には多くの方が足を止めてくださいました。

オバマ大統領への手紙 [原爆]

7月15日に、オバマ大統領に手紙を出しました。
アメリカの大統領として初めて被爆地・広島を訪問されたことへの評価とアメリカ政府への願いを手紙にしました。
被爆者が願ってきた核廃絶への思いを私たち被爆二世・三世が引き継いでいきたいと思います。
ぜひ、皆さん読んでください。
オバマ大統領へは英文を送りました。

obama1.jpg

obama2.jpg

被爆二世健診について [原爆]

山口県で被爆二世の定期健診が始まりました。
本年度より、希望すれば年一回、多発性骨髄腫の検査が受けられるようになりました。
健診を受ける際は、「多発性骨髄腫の検査をして欲しい」と医療機関に言いましょう。

山口県の被爆二世健診実施要項 1.定期健康診断実施期間
   上期:6月1日~6月30日 下期:11月1日~11月30日
希望健康診断 年2回

2.検査項目
   視診、問診、聴診、打診及び触診
   CRP定量検査
   血球数計算
   血色素検査
   尿検査(ウロビリノーゲン、タンパク、糖、潜血)
   血圧測定
   肝臓機能検査(AST、ALT、γ-GT検査法) ※医師が必要と認めた場合
   ヘモグロビンA1c検査 ※医師が必要と認めた場合
   多発性骨髄腫検査(血清蛋白分画検査) ※年一回、希望のみ

3.持参するもの
  (1)被爆二世健康診断受診申請書
  (2)被爆二世健康診断記録表(交付を受けた方)
  (3)健康保険

※被爆二世健康診断記録表は山口県独自の施策です。
 今回、健診内容に多発性骨髄腫が加わったことにより、記録表が手帳形式になりました。
 各健康保健所等で手続きすれば記録表の記入箇所が残っていても手帳形式のもに更新してもらえます。

広島県・市、長崎県・市、千葉県でも被爆二世健診が始まっています。
 被爆二世健診は各自治体でまちまちですので、お住まいの地域でいつ受けられるのかは担当機関にお問い合わせください。

日韓被爆二世友好のムクゲ [原爆]

2015年6月27日、山口市宮野江良墓地にある「非核三原則の貫徹と核兵器廃絶を誓う碑」建立地で日韓被爆二世友好の植樹が執り行われ、ムクゲを植えました。

ムクゲは元気に育っています。
2016041501.jpg
2016年4月15日

2016051001.jpg
2016年5月10日

全国被爆二世団体連絡協議会総会 [原爆]

2016年2月13日~14日、ワークピア広島で2016年全国被爆二世団体連絡協議会総会(以下、全国二世協)が開かれ、50名が参加しました。
1日目の昼は総会と記念講演、特別報告が、夜は懇親会が行われました。
総会では2014年と15年の活動報告、会計報告・監査報告がありました。
また30年以上にわたり全国二世協が被爆二世の援護施策について厚生労働省交渉を重ねた結果、2016年4月より、被爆二世健診に多発性骨髄腫が加わった成果を確認しました。

2016021301.jpg

「私たちの共通の願いは『二度と侵略戦争を起こさない。加担しないこと』『再びヒバクシャを作らないこと』です。また高齢化する被爆者に代わり、私たち被爆二世が被爆の実相を世界に広めていかなければなりません。フクシマのヒバクシャを含む、様々なヒバクシャやヒバク二世・三世との連帯はもちろん、思いを同じくする人達とも連携し、核と人類は共存できないことをこれまで以上に強く訴えていきましょう!」とする宣言文を採択し、総会を終了した。

2日目は活動方針の具体化と共有化そして各地の活動報告が行われました。

8・6広島青空式典 [原爆]

 被爆70年の8月6日、広島の平和公園には、世界中から大勢の人々が集まっています。
それぞれが亡くなった被爆者の追悼行事や、戦争や核に反対する集会、ダイインなどをしています。

do-mu.jpg

 8時30分、私たちは原爆ドーム横で、「戦争と被ばくを許さない写真展〜命を脅かすもの〜」の展示と被爆二世の援護を求める署名に取りかかりました。
 広島・長崎の原爆被害や日韓被爆二世の交流の様子、沖縄や岩国などの米軍基地問題や原発の再稼働・上関原発建設計画に反対する写真など約20枚のパネルには、英語・韓国語中国語の訳を付けました。今年は、それに加えて、日本語、英語、韓国語、中国語、モンゴル語、ロシア語で「平和」と書いたメッセージボードも設置しました。

b1.jpg

 合わせて、被爆二世の会の旗を立てて、冷茶の準備と亡くなった被爆者・被爆二世の遺影を飾りました。

 青空式典が始まる前に、韓国被爆2世会会長が立ち寄られ、韓国と日本の若者が共同で行っている核兵器に反対する平和活動を韓国語・日本語・英語で紹介してくださいました。

 また、石川や大阪、岡山、山口から来られた被爆二世が足を止められ、署名しながら、いろんな話しをしました。どの方も今の政府に危機感を持たれていました。改めて、8月6日の広島の平和公園は、被爆二世・三世にとって重要な日であり大切な場所だと感じました。

 午前10時30分、被爆三世の司会の下で青空式典は始まりました。開会の挨拶に続き、亡くなった被爆者・被爆二世を追悼して黙祷をしたのち、被爆二世の会からの基調報告を行いました。
 基調報告では、平和公園はもともとは多くの人々が暮らす街であったこと、米軍による原爆投下は無差別大量虐殺であることを指摘しました。
 また安倍政権が行おうとしている原発の再稼働や安保法制に反対しようとよびかけました。
 その上で、先の戦争を肯定して侵略と植民地支配の事実を認めず、戦争法制を推し進める安倍首相には戦後70年談話を出す資格も無いと断言しました。

 次に、韓国・日本・台湾の若者が共同で作った「青空国際宣言」が発表されました。「今日、広島への原爆投下70周年を迎え、国土でも大陸でもない人間性に基づいて集まった私たちは、団結し、行動するために、韓国、日本、台湾で、この宣言を発表する。『人間ではなく、原子力産業に死を!』」で終わるこの宣言は、地球上から全ての核兵器と原子力発電を無くすことが人類が生き残る唯一の道であることを示すものです。
 宣言の作成に参加したAWC関西青年部準備会の仲間から宣言の経緯が述べられ、関西でも岩国基地の拡大強化に反対し岩国•希望の祭りを成功させるための準備が進んでいることが報告されました。
 また宣言を中心的に担った韓国の青年緑ネットワークの仲間は、「皆さんと一緒に原爆も原発も放射能の被害も戦争も無い世界を目指して共に闘っていく。闘争(トゥジャン)!」と元気よく発言しました。

 続いて連帯メッセージ読み上げられました。全国被爆二世団体連絡協議会と長崎県被爆二世の会、米国・ANSWER連合、台湾人権協会、AWC韓国委員会、インドネシアの仲間、フィリピン新民族主義者同盟(BAYAN)日本支部、AWC日本連絡会議より連帯のメッセージが届いています。どのメッセージも、安倍政権の戦争法制や原発の再稼働に反対し、日本が再び侵略戦争を行わないように訴えるものです。

 そして、あじあんさんの歌に移りました。福山市では、戦争法制に反対するデモや集会を何度も行って来たこと、そうした取組みに一人でも多くの若者が参加できるように努力してきたこと、8月8日には福山空襲を忘れないためのピースコンサートがあることを語られ、3曲の平和ソングを歌ってくださいました。外国人の飛び入り参加もあり、楽しい一時となりました。

 各団体からの発言では、
AWC日本連絡会議
「敗戦70年、被爆、原爆投下70年にあたって、かつての日本帝国主義がアジア侵略戦争を行った誤りと犯罪を明確に総括し、これらの反省とすべての戦後補償が行われなければならない」

北九州の仲間
「もっと大きな流れを作って安倍政権を打倒しよう。」

連帯労組・やまぐちは
 「60年安保闘争に匹敵するこの民衆の闘いは、明治維新のように時代を変える力となる。連帯労組・やまぐちは、その一翼を断固担う。」

やまぐち障害者解放センター
 「障害者の生存権が脅かされる時代こそ、戦争に向かう時代であることをひしひしと感じる。共に闘おう。」

憲法を活かす市民の会・やまぐち
 「オバマ大統領とプーチン大統領は核兵器をゼロにしなさい。日本政府は米国の核の傘に頼らず、悪魔の兵器である核兵器を廃絶する先頭に立ちなさい。現在国会で審議されている戦争法制は民衆の基本的人権を蹂躙し、他国の民衆の生存権を脅かすものだ。アジアの民衆と共に闘い東北アジアの非核地帯を実現し侵略戦争を阻止しよう。」

と発言しました。また尾道の反戦•反核•反差別の歌を歌っているミュージシャンが飛び入りで歌ってくれました。

 閉会の言葉はやまぐち障害者解放センターが行い、最後に、関西の若者の音頭でシュプレヒコールを集会参加者一同力強く叫んび、炎天下の中の8・6青空式典を終えました。

 午後からは平和公園内のフィールドワークを行いました。また、写真展は午後三時まで行い、多くの人々に写真を見ていただきました。メッセージボードには日本語以外のメッセージが半分近くありました。

b2.jpgbo-do.jpg

 皆様のおかげで被爆70年にふさわしい取り組みができました。
 ありがとうございました。

日韓被爆二世友好の植樹式 [原爆]

 6月27日(土)山口市宮野江良墓地にある「非核三原則の貫徹と核兵器廃絶を誓う碑」建立地で日韓被爆二世友好の植樹が執り行われました。

 山口にある原爆死没者之碑には朝鮮半島出身者の遺骨も安置されています。
2011年、山口で日韓被爆二世交流会が開かれた時、韓国の被爆二世を死没者之碑に案内しました。
その時に韓国の被爆二世より韓国の国花であるムクゲを植えて欲しいと依頼されました。

 この度の植樹式には「非核三原則の貫徹と核兵器廃絶を誓う碑」建立地の管理者である(一財)山口県原爆被爆者支援センターゆだ苑や山口県原爆被害者団体協議会、在日本朝鮮人総聯合会山口県本部、全国被爆二世団体連絡協議会、当会の会員や支援者など約20名が集まりました。

 黙祷の後、当会代表より植樹の経緯を説明した後、韓国原爆被害者2世会李太宰(イ・テジェ)会長からいただいた
「困難な状況の中でも韓国原爆被害者と被爆2世が仰いでいるムクゲが、この地に植えられ花を咲かせられると考えると、原爆で犠牲になった方々の怨みの霊を慰める大切な行事だと考えられます。
今後も核の危険と戦争のない平和な世界の実現に向けて、日本と韓国の多くの人々が参加できるよう、日韓被爆2世の役割が大変重要になるといえます。
このような時代的状況と要請に対し、日本と韓国の被爆2世は、より一層連帯して持続的な平和交流活動と不幸だった過去が繰返されないように、責任感を持ってその役割を果たさねばならないでしょう。」
というメッセージを読み上げました。
来賓あいさつでは、「ゆだ苑」の理事長代理で出席された坂本さんが「これを機にいろいろな関係団体がお互いに信頼関係を築く一歩になる。オリーブと共にムクゲが成長し、平和が繁栄してほしい」と話されました。
二世協の前会長の平野伸人さんは「安倍首相は昨年、『唯一の被爆国民』と言った。被爆したのは日本人だけではない。韓国や中国、連合国の捕虜も被爆した。」「広島長崎以外の地で日韓被爆二世交流会をし、韓国の被爆二世との約束通り、ムクゲを植樹できたことは韓国の被爆二世の励みにもなる。」と話されました。

 その後、ゆだ苑、県被団協、そして在日朝鮮人総聯合会山口支部の三名の方、二世協、当会、憲法を活かす市民・やまぐちの三名に方に土かけをしていただきました。
そして「日韓被爆二世友好の木 無窮花 核廃絶の信念と、平和の繁栄を祈って 被爆70年」と記したプレートを披露しました。
最後に参加者全員で記念撮影をし、そばにある原爆死没者之碑に献花をしました。

20150627m.jpgDSC02138s.jpg

 場所を移動し「総会&記念講演」が行われました。
総会では県被団協の森田会長からご挨拶を戴きました。
議事では2012年9月からの活動報告、会計報告、今後の活動計画、予算案が示され拍手をもって採択されました。
また山口県知事あてに「上関原発建設計画反対」や「米軍再編による米軍岩国基地への空母艦載機部隊の移駐を拒否」などを求める決議文とアメリカ大統領あての「米国のあらゆる核実験に抗議し、核廃絶を求める」決議文が採択されました。
 記念講演では二世協の前会長の平野伸人さんに「被爆70年をむかえて、被爆2世の役割」と題した講演をしていただきました。
平野さんはお母様やご自身の同級生の話をされた後、その時々の社会が被爆二世をどう見ていたかを分かりやすく話して下さいました。
最後に、被爆二世運動は被爆者の伝承者で止まるのではなく、「被爆二世の遺伝的な影響」という課題に取り組むことで「差別なき援護の状況」を作り上げようとまとめられました。

山口県の被爆二世健診について [原爆]

山口県から被爆二世健康診断のお知らせがきました。

1.時 期
  上期定期健康診断  6月1日~ 6月30日
  下期定期健康診断 11月1日~11月30日
  (希望健診として、定期健康診断以外の時期で受けたい時に年2回まで受診できます。2016年3月10日までに受診して下さい)

2.検査内容
 (1)一般検査
   ○視診・問診・聴診・打診及び触診による検査
   ○CRP検査
   ○血球数検査
   ○血色素検査
   ○尿検査(ウロビリノーゲン・蛋白・糖・潜血)
   ○血圧測定
   ○AST検査法・ALT検査法及びγ-GTP検査法による肝臓機能検査
    (ただし、症状や既往歴、一般検査の結果から医師が必要と判断した場合)
   ○ヘモグロビンA1c検査
   ※上記の検査項目以外の検査をされた場合は有料となります。
 (2)精密検査
   一般検査の結果、医師が必要と判断した場合に行う検査

3.持参する物
 (1)被爆二世健康診断受診申請書
 (2)被爆二世健康診断記録表(交付を受けられた方)
 (3)健康保険
 ※(1)(2)については最寄りの保健所、健康福祉センターで申請できます。

4.実施医療機関
  最寄りの保健所、健康福祉センターにお問い合わせください

2015年全国被爆二世交流会 [原爆]

 2月14日〜15日にかけて、長崎市長崎県教育文化会館において2015全国被爆二世交流会が開かれました。全国から多くの被爆二世や支援者が集まりました。
 本年は、被爆70年という節目の年に当たり、私たち被爆二世に課せられた使命は増々大きくなっています。特に、被爆一世の多くが他界し、生き残った被爆者も、自らの被爆体験を話す最後の機会が近づいています。
 こうした被爆者をめぐる状況のなかで、今、被爆二世が被爆体験をどう継承するかということが、大きな課題となっています。長崎の証言の会の山川剛さんがこのことを3つの柱に分けて論じられ、歴史的及び科学的そして多面的に分析されました。特に、「教育というのは、自分が経験していない事を想像する力を身につけること。」だと訴えられたことには、強く共感しました。
 以下、講演の要約を記します。

yamakawa1.jpg

「被爆体験をどう継承するか」 〜語り継ぐ上での諸問題〜 
 はじめに、教え子の高校生が作ったリポートをもとにそこから、読み取れる3つのポイントをひも解かれました。

夏休み東京に行ったとき、友達に「長崎では9日は登校日だよ」と言ったら、
原爆投下の日を知らなかったらしくて「変なの」と言われたので教える
長崎って戦争のイメージがあるから行きたくない」と言われてショックでした》。

 下線を引いた3つの箇所に注目して、
①普通の高校生が8月9日に長崎に原爆が投下されたという事実を知らない。
②長崎の高校生は、1970年に始まった平和教育によって同じ高校生に教えることができる。
③平和教育の目的をしっかりとつかむ必要がある。
 まず前提として、何のために伝えるか(目的)を明確にすることだ。当たり前のことのように見えて、そうではない。
 語り部をする際、以前、長崎市から「政治的なことは言うな。科学的評価が定まっていない劣化ウラン弾の被害等については語るな」というような指針が出たことがある。
 これは、許せなかった。被爆者は思い出話をしているのでは無い。今とこれからのために、非核、戦争廃絶(非戦)、平和な世界の実現のために話しているのだ。

だれが伝えるか
 次に3つの柱の1番目としてだれが伝えるかという担い手の問題がある。
 まず、被爆者、その中には直接や入市や救護•死体処理にあたった人や胎内被爆者の方がいるし、被爆遺構が伝える場合もある。
 次に被爆二世や三世が語り継いでいる。子どもに話していない被爆者も多いが、被爆者の一番近くにいて、被爆者の戦後の生き様を見て育っており、ぜひ今からでも遅くないので親に質問して聞きとって欲しい。
 そして圧倒的多数の非被爆者がいる。その気があればだれでも、語り継ぐことができる。
 最後に、継承の重要な担い手としてマスコミを上げられた。その上で、上記4つの被爆体験を引継ぐ担い手の全てに外国人が存在することと、被爆体験の継承のセンターとなる場所が必要だ。

何を伝えるか
 3つの柱の2番目として何を伝えるかと言う中味の問題がある。被爆の実相を伝えるために、キノコ雲の下で、人間のいのち・暮らし・環境はどうなったのか。今を生きる者の責務として可能な限りの被爆証言や克明な科学的諸調査、さまざまな資料によって原爆とはなんだったのか、原爆は人間に何をもたらしたのかを明らすることだ。
 そのうえで、二度と被爆者をつくらない、他の誰も被爆者にしてはならないという被爆者としての思い、願い、生き方を引継ぐことが大切だ。

どう伝えるか
 3つの柱の3番目は、どう伝えるかという伝え方の問題を話された。内容も展開もワンパターンにならないように努力し、語る側と聞く側のずれや溝をどう克服していくかということも重要な課題だ。教材が持つ残酷さと学ぶ側の発達段階の問題も軽視してはならないし、現場の実践と研究者の理論双方からのアプローチが大切だ。

 最後に、被爆体験の継承=明日への伝言という作詞:山川啓介 作曲:いずみたくの歌を紹介して話しを終えられた。
 これから、被爆体験を引継ぐ上で示唆に富む大変貴重なお話だった。


furitu1.jpg


 続いて、「被爆二世運動とフクシマとの連帯」というテーマで、振津かつみさんが福島の現在の状況を丁寧に話しながら、
被爆二世と福島の被曝者が結びつくことで、ヒバク者差別を許さず、ヒバク者が安心して生きていける社会を作り出すことが可能であると訴えられました。
核と人類は共存できないことを改めて確認しました。

 2日目には、各県の活動報告や二世協の活動報告と方針が提起されました。
 その中で、今回新たに被爆二世の援護を求める署名が開始されることが表明されました。(正式に決まり次第ご報告いたします。)
 2日間に亘る交流会の中で、被爆体験を話すことが出来ない被爆者の体験の重たさや被害や加害をはらんだトラウマも含めて被爆者を理解し、
その生き様を肯定して未来に活かせるのは、やっぱり被爆二世なのではないかという論議にもなりました。
 私たち被爆二世は、核の被害も戦争も無い世界を実現するために、被爆者が未来に紡いだ平和の使者なのだと改めて感じました。
共に頑張りましょう!

ミニ原爆展開催 [原爆]

genabaku1.jpg

山口でミニ原爆展を行っています。
ぜひお立ち寄りください。

場所:さぽらんて ミニギャラリーコーナー
     (山口市道場門前1の2の19)
日時:11月15日(土)~24日(月)
 時間:初日(15日)12時~19時
     月~土曜 10時~19時
     日曜 10時~18時
     最終日(24日)15時終了
     休日:19日(水曜)

●被爆体験の語り
 日時:11月23日(日)13時~16時
 場所:さぽらんて 井戸端会議室
 お話し:小笠原貞雄さん

主催:山口市原爆被害者の会
共催:被爆二世の会

問い合わせ先:山口市原爆被害者の会電話083(923)2816
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。