So-net無料ブログ作成

祝島&長島訪問記2016 [原発]

台風シーズン真っ只中の9月17日~18日、祝島と田ノ浦を訪れる取組を行いました。
今年の参加者は東京、京都、大阪、福岡から来られた方々で皆さん祝島は初体験です。

一日目
祝島小学校(休校)の正門から田ノ浦を眺め、祝島と田ノ浦が近いこと、田ノ浦が朝日の昇る東側にあることを説明しました。
iwai02.jpg

その後島内を散策しながら練り塀などを見て回りました。練り塀と同じようなものが韓国の済州島にあることを話すと、参加者は不思議がっていました。
iwai03.jpg

続いて、遣新羅使が詠んだと言われる二首が刻まれた万葉の碑にも案内しました。祝島は古来より、行き交う船の航行安全を守る神霊の鎮まり給う島として崇められてきたそうです。

 夕方、みさき旅館さんで「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局次長の山戸孝さんの話を伺いました。山戸さんは、今年は4年に一度の神舞をしたことや、同じ8月に村岡山口県知事が中国電力が提出した田ノ浦の公有水面埋め立て免許の延長申請を不当にも許可したことなどを話して下さいました。

二日目
朝から小雨。傘を差し海岸線をぶらりと歩きました。しかし、途中で雨が激しくなり旅館に戻ることに…。

 お昼過ぎの定期船で祝島を発ち、四代港に着きました。二日目のメインは、中国電力が上関原発建設を目論む田ノ浦の現地見学で、山道を歩くことになります。しかし、雨が酷いので断念せざるを得ません。
 四代で被爆三世とその連れ合いさんも加わり、「上関原発を建てさせない上関町民の会」の事務所へ向かいました。途中の道路では何カ所も拡幅工事をしています。発注者は中国電力。元々は県道だった道路をわざわざ町道にして、中国電力発注の工事が行われていました。
 事務所では町民の会の共同代表で「上関の自然を守る会」の幹事の三家本さんのお話を伺いました。お話をお聞きし、「上関の自然を守る会」の取組は上関町の漁師さんたちに漁業者としての誇りを取り戻していること、調査で見つかった様々な生き物たちは自然の豊かさを表しており、「何もない」と言っていた町民に「豊かな自然がある」と意識を変えるきっかけになっていると感じました。

おまけ
iwai01.jpg
祝島の船着き場の側に祝島の案内板が設置されていました。

iwai04.jpg
今回は台風直前だったためか猫にあまりあえなかったのが残念です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る