So-net無料ブログ作成

上関原発を建てさせない山口県民大集会 -福島を忘れない さようなら上関原発ー [原発]


IMG_4642_R.JPG
「NON」を掲げ、原発反対の意思表示をする参加者」

 3月21日、山口市内にある維新百年記念公園に4000人が集まりました。目的は「上関原発を建てさせない山口県民大集会-福島を忘れない さようなら上関原発」に参加するためです。


u1.jpg
 オープンニングは威勢の良い宇部太鼓で始まりました。

k11.jpg
 続いて事務局長の草地さんが「祝島島民が上関原発に反対してきた32年間の思いを県民全体の意志にするため昨年同様県民集会を開いた。上関原発建設計画は楽観できる状況ではない。安倍内閣は再稼働に突き進んでいる。福島の事故を繰り返してはならない。どの原発も動かしてはならない」と挨拶されました。

nasu1.jpg
tagawa1.jpg 
 共同代表の那須さん、田川さんは安倍政権と山口県政を強く批判し、そういう思いを周りに伝えようと提案されました。


mutou21.jpg
 メインスピーカーの武藤類子さんは被ばく労働者が劣悪な環境で賃金を搾取されていることや子どもたちに対する人権感覚がないこと、高濃度の放射性廃棄物を燃やすための仮設焼却炉を500億かけて作ろうとしていること、仮設焼却炉なので環境アセスが不要なこと、それを三菱、日立など原発で儲けた企業が受注していることなどを暴露。また今の福島を戦争状態に例え「機関銃はないが命が脅かされている。しかし放射能に対する不安や疑問を口に出すことができない。生きる権利が奪われている。」と言われました。そして、二度と同じような悲劇を繰り返さないよう事故の原因究明と責任者を処罰させるために東電を刑事告訴していると言われました。



 次に祝島や上関町町民から発言がありました。

simizu1.jpg
 上関原発を建てさせない祝島島民の会の清水代表はボウリング調査や埋立を強行しようとする中国電力の作業員に対し、祝島の漁業者や全国の仲間と辺野古のような闘いを行ってきたことを話された後、「今日の田ノ浦は木々が青々と茂り、海も汚れていなかった。今後も田ノ浦の海と山を守っていきたい。計画が撤回されるまで全力でたたかいます」と訴えられました。


slapp11.jpg
 中国電力に訴えられている岡本さんは「僕たちの生きる権利、表現の自由、豊かな自然を守るためれからも闘います。」と宣言されました。


takasima11.jpg
 上関の自然を守る会の代表高島さんは田ノ浦やその周辺の素晴らしさを伝え「原発を頼らなくても自然を活かした道がある。奇跡の海を子どもたちに残したい。上関原発建設計画を中止させよう」と訴えました。


yamato1.jpg
 上関原発を建てさせない祝島島民の会の山戸事務局次長は祝島漁業者による公有水面埋立免許取り消し訴訟で原発建設により生命・財産が奪われる危険性を訴えてきたことや山口県は手続きをしただけと思っているかもしれないが、島民の人生を苦しめていることなどを説明した後「海の埋め立て申請の免許を失効させることが上関原発を白紙撤回させる大きなステップになる」と訴えました。

 その後、知事に対し埋め立てを認めないように求めた集会宣言を採択し、「NON」を掲げるパフォーマンスを行いました。
 最後に400メートルのデモを行いました。デモの参加者は2000人。青空の下「原発いらん!命が大事♡」とシュプレヒコールを上げながら歩きました。

ds1.jpgdn1.jpgdb1.jpg


 会場の周りにはいろんなマルシェが40ブースありました。8・6実委は「戦争と被ばくを許さない写真展」を行い、パネルを20枚ならべました。写真を見られた高齢の広島出身の女性は「私は疎開していて被爆せずにすんだが、家族や親族が大勢死んだ。家も燃えた。戦後家を見に行った父が焼け残った庭の石を「さすがに石は燃えんかったの」と言いながら蹴ったら、ボロボロに崩れた。戦争は何もいいことがない」と話して下さいました。
ma1.jpg


 今の福島も沖縄もそして岩国も戦争状態です。銃や戦車で殺されなくとも、人権が踏みにじられています。武藤さんは「自分の頭で考え、行動しよう」と言われました。人権が踏みにじられる行為には「NO」と言いましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る