So-net無料ブログ作成

米国の核実験に抗議する [核兵器・核実験]

米国が9月と10月に核実験を行ったことに対し、以下の抗議文を送りました。

--------------------------------------------------

                                        2014年11月5日


アメリカ合衆国 大統領
 バラク・フセイン・オバマ・ジュニア 様


       被爆二世の会 代表 寺中正樹


米国の核実験に抗議する

 貴国は、9月4日と10月3日に1回ずつ、計2回強力なエックス線を発生させる特殊
装置「Zマシン」を使った核実験を行いました。
 私たち被爆二世の会は、この核実験に強く抗議します。核実験及び核兵器の保有
が生み出すものは他国の民衆の抑圧と自国の民衆の核被害(被ばく者をうみだすこ
と)しかありません。
 69年前、貴国は8月6日広島、8月9日長崎に原爆を投下しました。原爆は男女、
年齢、国籍、職業の区別なく被害を与え、1945年末までに14万人の人々が亡くなっ
たと言われています。生き残った被爆者も原爆による後遺症に苦しんでいます。しか
も、被爆二世・三世にも原爆被爆の遺伝的影響が及ぶ可能性があります。
 また劣化ウラン弾も放射線被害を被らせる悪魔の兵器です。貴国は劣化ウラン弾
をイラクやアフガニスタンで使用しました。そこでも多くの被爆者が生まれ、劣化ウラ
ン弾による放射線障害で苦しんでいます。
 以上のことより、核兵器(劣化ウラン弾を含む)の使用はもちろん製造も保管も実験
もすべきではありません。貴国は即刻、臨界前核実験を含めた核実験や核開発をや
めて、すべての核兵器を廃棄すべきです。そして貴国は広島・長崎への原爆投下が
人道上許すことのできない無差別の大量殺戮兵器の使用であったことを認め、被爆
者に謝罪すべきです。またイラクやアフガニスタンの民衆に謝罪と補償をすべきです。
 同時に私達は、アジアからの全ての米軍基地の撤去を強く求めます。アジアの国々
は米軍がいなくても、互いにお互いの国の民衆を尊敬しあい、共に助け合いながら
生きて行くことができます。それを阻んでいるのは他ならず、岩国や沖縄など初めと
する日本全土にある米軍基地であり、韓国の米軍基地なのです。
 貴国が核兵器廃絶を本気で目指すのであれば、まず貴国が所有する全ての核兵
器を廃棄し、アジアからすべての米軍基地を撤去してください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る