So-net無料ブログ作成

上関原発反対申し入れ行動 [原発]

 19日、被爆二世の会は憲法を活かす市民の会・やまぐち、アジア共同行動山口実行委員会、やまぐち障害者解放センター、全国一般労働組合全国協議会山口連帯労働組合、あすじゃ山口、長崎県被爆2世教職員の会、在外被爆者支援連絡会、平和活動支援センター、アジア共同行動日本連絡会議、アジア共同行動(AWC)首都圏、あすじゃ京都、あすじゃ東京の13団体で上関原発建設反対の申し入れ行動を行いました。
 昨年より中国電力が田名埠頭や田ノ浦で祝島の人々やシーカヤック愛好者に対し、生存権を脅かす行動を続けていることと、山口県がそれを放置していることに怒りを覚え、今回の申し入れ行動を起こすことになりました。

 まず午前中に山口県商工労働部の担当者に申し入れ書を提出。この間、山口県は上関原発反対に関する交渉を受け付けようとしません。
今回も「申し入れ書は受け取るが交渉の場は設けない」と電話で言われていました。
申し入れ書を提出する際、参加者がそれぞれがそうした山口県の姿勢を批判しました。そして上関原発に反対しているのが一部の人ではなく多くの県民、県外の人、ひいては世界中が山口県の姿勢に注目していると訴えました。
 商工労働部の担当者は「県知事に伝える」「全ての申し入れを受けることはできない」などと返答しました。

 午後からは中国電力山口支社に申し入れ書を提出。電話で申し入れを行いたいとお願いした際、中国電力山口支社は「申し入れは広島本社でのみ受け付けているので広島に行って欲しい。」と言われました。
しかし上関原発は山口県内に建てられようとしているのです。山口県内で申し入れができないのはおかしいと、あえて中国電力山口支社に行くことにしました。
 参加者から原発の危険性、田ノ浦にいる希少生物の存在、あの海域で生きる漁業者の権利などを訴え、この間の上関原子力発電所準備事務所の所員の暴言や行動を批判しました。

 今回は山口県も中国電力山口支社も「申し入れ書は受け取るが交渉の場は設けない」という同じ姿勢だったので、イスや机の準備もなく、参加者は立ちっぱなしで思いを訴えました。
 山口県では、「住み良さ日本一の元気県づくり」に積極的に取り組んでいるらしいので、耳にいたい意見であっても、きちんと交渉の場を設けるべきでしょう。
 中国電力は「地元の理解を得る努力をする」といつも言っています。ならば山口県内でも交渉の場を設けるべきだと思います。

 申し入れ書はこちら↓
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/hibaku2/i-genpa/i-100219mouiire.htm


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

同じ気持ち

上関原発建設は、日本の二酸化炭素排出量削減の国際公約やの履行や、アジアにおける中国や韓国などの反日勢力の居る国に対応するために、国家権力の発動がしての建設推進が予想されます。

瀬戸内海の半島と島との間の自然環境を守ることも大切ですが、瀬戸内海全体の生物多様性の確保や自然環境創出は原発建設中止以外にも色々方法があります。

上関原子力発電所建設は法的な整備が整っています。一方、原発反対運動を禁止する判決が下っており、さらに高額な損害賠償も裁判所は認めています。

社会や国策は原子力発電所建設に向かっております。原発反対の支援者に囲まれていては天下国家の大勢を読み誤ることがあります。

原発反対活動をしている方々には、お怪我の無いように、また、高額な損害賠償を求められて不動産を差し押さえられ破産に追い込まれることのないように、心よりご忠告させていただきます。
by 同じ気持ち (2010-09-12 13:20) 

大多数の国民

上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。

真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。

なお、それでも原発建設を妨害する方々は、お怪我の無いように・・・また、合法的な高額損害賠償にもご留意願います。

ご自愛ください。
by 大多数の国民 (2010-10-16 14:54) 

観察者

上関原子力発電所の建設に絡む「民主的手続き」の背後には随分と巨額の金が投下されているそうな。
祝島をのぞく漁港は補償金を受け取っており、その結果、町議会でも推進派の議席が多数をしめているそうな。
たいした「地域の願い」もあったものだのう。

何故にほとんど同じコピペが繰り返されるのかも不気味ですネ。


http://888earth.net/staffblog/2010/09/post-96.htmlより
Posted by 地域の幸せ at 2010年9月11日 07:05
上関原発阻止行動というものは社会、国側からの視点では“妨害行動”と見なされており、高額の損害賠償が事業主から起こされており、裁判所も概ねこれを良しとしています。
祝島をのぞく漁港は補償金を受け取り、町議会でも推進派の議席が多数をしめており上関町全体としては原発建設による地域振興や雇用が重要と考えています。つまり、地域のために原発推進をしています。
(上記コピペは、原発反対の立場のhttp://blog.goo.ne.jp/gotoukenta_1983/e/b017f9d4e56afb8b9ca85c073759e1d8よりのコピペの可能性がある)

http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/58210d0d1d2aff326845bc0b37ddbfc7より
Unknown (地域の幸せ) 2010-10-16 13:59:57
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。

http://www.janjanblog.com/archives/19336#comment-8213より
電気使用者 2010年 10月 16日 14:04
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、妨害派の方々にはお怪我の無いように・・・

http://greenworks.shiga-saku.net/e514274.htmlより
Posted by 電気使用者 at 2010年10月16日 14:06
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、妨害派の方々にはお怪我の無いように・・・

http://888earth.net/staffblog/2010/10/stop592010104.htmlより
Posted by 電気使用者 at 2010年10月16日 14:24
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、妨害派の方々にはお怪我の無いように・・・ご自愛ください。

http://blog.goo.ne.jp/h-take888/e/da57301d11b35f22f6d30f77dbc0189eより
Unknown (地域の幸せ)2010-10-16 14:41:48
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、それでも原発建設を妨害する方々は、お怪我の無いように・・・また、合法的な高額損害賠償にもご留意願います。
ご自愛ください。

http://hibaku2.blog.so-net.ne.jp/2010-02-20
by 大多数の国民 (2010-10-16 14:54)
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、それでも原発建設を妨害する方々は、お怪我の無いように・・・また、合法的な高額損害賠償にもご留意願います。
ご自愛ください。

http://nicolaus.exblog.jp/11950300/より
Commented by 大多数の国民 at 2010-10-16 15:07
上関原子力発電所の建設は地域からの要望であり、国策でもあります。また、民主的手続きによって何度も地域の願いであることを選挙等で確認しています。
法的にも、上関原子力発電所の建設に反対することは、違法な妨害行為であることを裁判所が判断しています。
真に、地域や国の将来のことを考えて行動すべきです。
なお、それでも原発建設を妨害する方々は、お怪我の無いように・・・また、合法的な高額損害賠償にもご留意願います。
ご自愛ください。
by 観察者 (2010-10-21 03:05) 

kokusaku

◇「建設妨害、町民が不安」 ビラ2000枚を配布--原子力の日に推進PR

 上関町内の原発推進派9団体でつくる「上関まちづくり連絡協議会」(田中清忠代表幹事)は26日、原発建設推進のPR活動をした。「原子力の日」に合わせた毎年恒例の活動。

 のぼりを町内各地区に立てたり、広報車で「原発建設推進」を訴えた。また「町外の反対者などにより続く原発建設への妨害に多くの町民が不安を感じており、彼らの手から上関町の将来を取り戻そう」とする緊急メッセージを記したビラ2000枚の配布を始めた。同協議会のメンバー約50人が1666戸を訪問、数日かけて配る。祝島には郵送するという。

 協議会事務局の古泉直紀さん(52)は「上関町の多くの人が、原発とともに豊かな町づくりを望んでいるのに、町外の反対派が加わり工事の妨害をしていることに住民として憤りを感じる」と語った。
by kokusaku (2010-10-31 07:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。